セラピスト プロフィール


堀田 真紀(ほった まき) MAKI HOTTA

 日本アロマテラピー協会(現 社団法人日本アロマ環境協会)アロマテラピーアドバイザー取得をきっかけにセラピスト業をスタート。
「ソニーCPラボラトリーズ熱海店」にて、フェイシャルエステ&メイクアップ業務を経て、「ウェルハートピア熱海」(厚生年金宿泊施設)リラクゼーションルームのオープニングスタッフとして店長業務に携わる。
その後、「ホテルオークラ東京」 グランドコンフォートフロア スパ「ネイチャーコート」セラピスト、「アリマックスホテル渋谷」レディースプラン アロマトリートメント業務に携わる。
セラピスト業務の傍ら、銀座出張アロマセラピーサロンでの技術指導講師や、地元のママたちを対象に子供向けのアロマセラピートリートメントを指導、セラピストとしての経験を生かし後進指導にも携わる。
2015年8月に山梨県北杜市に家族で移住。
GHTS(ゴッドハンドセラピストスクール)スウェーデン式ボディケア Gコースディプロマ取得。
2017年11月 山梨県内初のスウェーデン式ボディケアサロン「MYSA(ミーサ)」をオープン。
プライベートでは一児(小学生女子)の母。
なぜ「スウェディッシュ・ボディケア」なのか

 


はじめまして。当サロンのウェブサイトへご訪問いただきありがとうございます。
自己紹介がてら、私が「スウェディッシュ・ボディケア」と出会った経緯をお話ししたいと思います。

 

音楽家からセラピストへ 異色の転身

セラピスト業に携わるようになって、早10年以上になりますが、実は最初からセラピストを目指していたわけではありませんでした。
子供の頃から音楽が好きだった私が最初に選んだ道は、「音楽家」。
20代はハーピスト(ハープ奏者)として演奏活動やハープ講師の仕事をしていました。

それから時は流れ、セラピスト業に携わりはじめたのは、20代後半の頃。
趣味が高じてアロマテラピーの資格を取得したことがきっかけで、「アロマトリートメントをできるようになりたい」とサロンに勤めるようになりました。

 

「天職」だと思えるセラピスト業

ご縁に恵まれ、ホテルのリラクゼーションルーム・スパ・客室出張トリートメント等、いくつものサロンで施術をしてきました。
まだセラピスト業を始めたばかりの頃から、お客様に「とても気持ちがいい」「あなたの施術じゃないとイヤだ」など、ご指名をいただくこともしばしばありました。
まだ経験が浅いにもかかわらず、喜んでもらえているということは、きっと自分にはセラピスト業が向いているのだろう、と自分自身もまた、充実感を感じていました。

 

長い間抱えてきた大きな疑問

順調に見えるセラピスト人生を歩んできた私でしたが、ある日ふと、

「お客様は、自分の施術のどの部分に価値を感じているのだろう。具体的にどの手技が良かったんだろう」

と疑問を持つようになりました。
ホテルやサロンでのお仕事は、短い研修期間で業務に入る店がほとんどのため、決して充分に練習期間がある訳ではありません。
「気持ちいい」と感じてくれていること、一定の効果を実感してもらえていること。
それは目の前のお客様の反応や感想からわかっていましたが、

「どうして気持ちいいのか」

「どの部分の、どの疲れ、どんな体調にどの手技が合うのか」

などの理論に基づいた施術ではなく、「天から降りてきたような」「本能的」とも言える、感覚の部分に大きく頼って施術してきた私にとって、それは大きな課題でした。

 

スウェディッシュ・ボディケアとの出会い

そんな時、たまたま目に飛び込んできたのが「スウェディッシュ・ボディケア」のスクール、GHTS(ゴッドハンドセラピストスクール)の言葉でした。

 

スウェディッシュマッサージはアロマトリートメントでは物足りないが痛みのある整体や指圧は苦手という方にぴったりの揉み返しになりにくい安心安全のボディケア

 

施術をすればするほどに受ける側だけでなくセラピスト自身もどんどん健康になり幸せになれる、そんな魔法のような相互癒しテクニック

まるでダンスをしているかのようなダイナミックな施術法は、骨盤と肩甲骨を連動させることで安定感のある施術が可能」

 

セラピストは腰や関節などを痛めることなく長時間の施術でもまるでスポーツを楽しむかのように行うことができる

(GHTS サイトより引用)

 

ー私が長い間探し続けてきたものは、これかもしれないー

早速、スクールの体験説明会に申し込み。スウェディッシュ・ボディケアの施術を体験したところ・・・これまで自分が経験してきた、通常のアロママッサージとの歴然とした違いに驚きました。
これまでに感じたことのない、猛烈なリラクゼーション効果・心地よさと「正しいマッサージを正しい順番で受けている」という安心感を強烈に感じました。

 

GHTSへ入学 ディプロマ取得

即スクールに入学し、仕事と家事・育児の合間を縫って毎週山梨〜東京へ通学。
セラピスト歴10年以上の経験を持ってしても、その取得は決して簡単なものではありませんでしたが、「自分の道を見つけた!」と思える手技に出会った以上、諦めるわけにはいきません。
100種類以上ある手技を必死に憶え、講習のない日はとにかく練習を積み重ねて、2017年10月、GHTSでも最上位のGコースディプロマを取得することができました。

 

スウェディッシュ・ケアを多くの人に広めたい

「受ける側だけでなく、セラピスト自身もどんどん健康になれる」まさに魔法のようなテクニック、スウェディッシュ・ボディケア

「この素晴らしいマッサージをたくさんの人に体験してもらいたい。」

「私のように自分の手技に自信を持てないセラピストがいたら、ぜひスウェディッシュを知ってほしい。」

そんな想いから、山梨県で初めての本格スウェディッシュ・ボディケア専門店

「Bodycare Salon MYSA」をオープンしました。

たくさんのお客様のニーズに応え、自信を持ってマッサージしていくこと。
そして、たくさんの経験を積んだ上で、いずれはスウェディッシュ・ボディケアを多くのセラピスト達に伝えていく活動もしていきたいと考えています。